ミノキシジル 女性 育毛剤をご紹介。プラセンタの驚くべき育毛効果

プラセンタの驚くべき育毛効果

女性 育毛剤

プラセンタは、胎盤から抽出した細胞増殖促進成分のことで、アンチエイジングや様々なことに効果がある成分です。 最近ではプラセンタの育毛効果が注目されてきていますが、実際に驚くべき効果が見られました。 宇都宮市内のある病院で、 抗癌剤で抜け落ちた患者さんの髪の毛が、プラセンタの使用2週間後からいきなり"ぼわっ"と生えるという現象が起きたのです。

プラセンタは細胞を活性化させ、増殖促進することにより自律神経を調節し、血行を促進させます。頭皮の血行も良くなりますので、それにより毛母細胞の細胞分裂を促進させ、育毛に効果があるのではないかといわれています。 また、白髪を予防する効果もあるとされます。これはプラセンタに、色素幹細胞というものの損傷を食い止める効果があるためです。

しかしこのプラセンタの効果、今始まったものではないのです。 実際に中国では漢方薬として、胎盤が使用されてきたという歴史があります。 古くからその効果が認められてきたプラセンタですが、現在のプラセンタ製品はさらに進化を遂げており、国内認可されているラインネックとメルスモンの日本の企業2社が、非常に難しい技術で胎盤から科学的にエキスを抽出して、高品質な製品を造っていますのでいつでも好きな時に、プラセンタのサプリメント補給が可能となっているのです。 育毛のための環境を細胞レベルから活性化させてくれる成分、それがプラセンタなのです

ここまでプラセンタの育毛効果について説明させていただきましたが、そうなると、育毛剤は必要ないのではないかという疑問がわいてきます・・・。 女性用の育毛剤で一番優秀なのは、安全性が考慮され、適度な成分配合率と高い育毛効果が期待できるとされるミノキシジル2%の育毛剤ですが、このミノキシジル2%の育毛効果と、プラセンタとの効果比較をしてみたいと思います。

-プラセンタと、女性用のミノキシジル2%配合のものと、どちらがいいのか?-

実際のところ、この判断はかなり難しいといえます。なぜなら、どちらにも一長一短が存在するからです。

プラセンタは細胞増殖促進作用があり、 美容や血行促進効果があります。 抗がん剤の副作用である脱毛を経験した患者さんの髪が、突然生えるという驚くべき現象からも育毛に効果があることが垣間見られますし、毛母細胞の細胞分裂を促進させることにより、細胞レベルから効果が発揮されます。そのため、あらゆる面でメリットが非常に多いです。しかし、育毛に即効性のある薬剤ではありません。

その点ミノキシジル2%配合の育毛剤は、育毛という使用目的に関して、効果が明確です。 女性のデリケートな頭皮にミノキ焼けを起こさないように、さらに心拍数増加などの副作用を起こさないようにしながら、育毛という点に即効性のある最高のミノキシジル配合率2%のものが、育毛自体には効果があると言えます。 その反面、 プラセンタのように細胞増殖促進効果によって白髪を予防したり、毛母細胞の細胞分裂を促進させるなど、細胞レベルから変化を起こすものではありません。 ミノキシジル2%は、頭皮に働きかけるので、頭皮に多少のダメージはありますが、即効性が高いのでおすすめいたします。

プラセンタは、育毛に特化した成分ではないですが、細胞増殖促進効果があるため、ゆっくりと育毛に働きかけるほか、頭皮に潤いをもたらし健康に保ちます。 ミノキシジルとプラセンタの2つを併用することは、育毛に相乗効果をもたらしますので、大きな育毛効果を生み出すにあたって、併用することがベストな選択だと言えます。

オススメ育毛剤

女性 育毛剤

私が使って髪が生えたのはコレだけ! 女性用ミノキシジル2%配合育毛剤です。

↑ PAGE TOP